のほほんのブログ

北海道在住の北海道大好きな管理人が北海道をメインに書いている雑記ブログです

健康

お昼の弁当を1年以上続けているコツを紹介します!

投稿日:2018-06-23 更新日:

jelly /

私は現在1年以上お昼の弁当続けています!

最近年齢と共に自分の健康に気を付けなければという気持ちが強くなってきました。

もちろん食費の節約というのもありましたが、私の場合は健康管理というのが第一でした。

以前は昼食は、会社の中にあるコンビニで弁当を購入し毎日食べていましたが、やはり「このままでは身体によくないよな」とは感じていて、ある時フッと「よし明日から、毎日弁当を作ろう」と思い立ったのでした。

はじめは続けていけるか不安でしたが、今では当たり前のことになって、「朝面倒だな~」とかは全く思いません。

<スポンサーリンク>

弁当を続けるコツ

ワンパターンにする

米+冷凍食品+缶詰

毎日同じ冷凍食品と缶詰ではさすがに飽きてしまうので、冷凍食品・缶詰共に何種類か購入してローテーションしているので、飽きるということはありません。

作り置きはしない

弁当始めた当初は前日の夕食後「作り置き」をつくっていましたが、だんだん面倒になりいつのまにか作り置きはやめてしまいました。

そして、現在のパターン「米+冷凍食品+缶詰」これが一番良いという結論になりました(笑)

弁当にして良かったこと

昼食代の節約

以前  コンビニ弁当代500円+カップみそ汁150円=650円

 650円×22日(1か月)=14300円

現在  米+冷凍食品+缶詰=300円程度

 300円×22日(1か月)=6600円

 14300円ー6600円=7700円

 7700円×12か月=92400円

  年間で92400円もの節約!!

昼食後あまり眠くならない

以前は昼食後強い眠気を感じていたのですが、弁当にすることで眠気は和らぎました。やはりコンビニ弁当は糖質が多くまた、量も多いということなのではないのでしょうか。

食べ過ぎなくなった

コンビニにいって弁当を買う→お菓子・シュークリームなどが目に入る→ついつい買ってしまう。(悪循環(笑)

弁当を作るとコンビニにいかないので、余計な食後のデザートを買うことはなくなりました。

身体が軽くなったような感じになる

特に午後からの仕事がスムーズ入ることができるようになりました。昼食はしっかり食べなければならないと思いますが、やはり食べ過ぎは良くないのでしょうね。

昼休憩時間に余裕がでてくる

昼コンビニにいかないので時間の節約になり、のんびりすることができるようになりました。

昼休憩時間が長くなるのでのんびりできます。

弁当にして困ったこと

朝3分程度、弁当作る時間が必要になってくる

毎朝やること

 1 前日予約した炊飯器のごはんを盛る

 2 冷凍食品の封を開けて中身を入れる

 3 数種類ある缶詰を選ぶ

 これだけの動作なので3分もあれば出来てしまいます

もう少し食べたい気持ちになる

弁当始めた頃は「もう少し食べたいな」と思いましたが、1週間も続けていけば「これでおしまい」と感じられるようになりました。

やはり、昼の食事の量を朝の時点で、決めてしまうということが大事だと思います。

まとめ

私は弁当を初めて本当によかったと思っています。

現在でも弁当作りに「面倒だ」「ストレス」等は全く感じません。

たしかに朝の忙しい時に弁当作りで約3分間かかりますが、たった3分間で終わるので慣れれば大丈夫です。

手の込んだ弁当を作らないが肝ですね。というか手の込んだ料理ができないのでひたすらワンパターンになってしまいました。

結局、自分が食べるのですから自分が納得した弁当作れば良いのですからね。

お金が節約でき健康にも良いですよ。まさに一石二鳥です。気になっている方ぜひ明日からでも始めたら良いと思います。

面倒くさがりの私でもできたのですから、きっとできますよ。

 

『弁当のおかずには鯖の水煮缶おすすめですよ!体にも良いので!詳しくは以下の記事をどうぞです』

鯖の水煮缶にかくされた驚きの健康効果!

<スポンサーリンク>

-健康
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

プロフィール

北海道住みの北海道が大大大好きな中年の管理人!のほほんです!

年間行事やスポーツ・北海道観光地やグルメ情報そして私の好きな献血や薬局での血液検査(笑)について紹介しているブログです!

よろしくです~