のほほんのブログ

北海道在住の北海道大好きな管理人が北海道をメインに書いている雑記ブログです

ランニング

ランニングするなら朝夜どっちが良いの?

投稿日:2018-07-03 更新日:

ランニングは朝走るのがいいのか?夜走るのがいいのか?

答えは

「朝でも夜でも、どっちでもいいです!」

一番重要なのは、継続することです。

ほとんどの方は日中仕事をしていると思います。その中でランニングの時間を捻出するとなると、自然と会社に行く前か、帰宅後ということになります。

ですから、決めつけることなく、自分の都合の良い時間が一番いいのです。

重要なのはできるだけ、毎日継続してランニングすることなのです。

ちなみに私は20年以上朝派です。

私の場合はほとんど休日の朝にランニングしてます。平日は、たまぁに会社に行く前に早朝ランニングしています。

<スポンサーリンク>

朝ランニングのメリット

早朝なので時間の確保が容易

朝は時間の確保が比較的容易です。

「今日は帰宅後、夜走ろう」と決めたとすると、その日急に残業が発生したり帰宅後は疲れ果てて、「もう走るどころではなく、早く寝たい」と思うことも考えられます。

また、休日は朝ランニングしてしまえば、後は日中自由に休日を楽しむことができます。

感覚でいうと「とりあえず朝走っておこうかな」って感じです。

私が朝ランニングをおススメする一番がこの理由です。

仕事の日朝ランニングすると意外と仕事がはかどる

朝ランニングすると日中疲れて仕事にならないのでは?

と考える方いると思いますが、意外と仕事がはかどります。出社の時点でもうアクセル全開なので(笑)自然と仕事に対してやるきが出てきます。

ただし、経験上朝ランニングは10kmぐらいまでに抑えましょう。10km以上ランニングしてしまうと逆に疲労が出てくる可能性がありますよ(笑)

規則正しい生活

やはり朝ランニングしようとすると、前日夜は早めに寝ないと起きれませんよね。

自然と早寝早起きになり、規則正しい生活になります。

なお、夜10時から朝2時の4時間が睡眠のゴールデンタイムといわれていますが、この時間に熟睡すことができて、前日の疲労残さないことが可能になってきます。

ただ、40代ぐらいになるとランニングを意識しなくても、自然と朝は早くなりますが(笑)

夜ランニングのメリット

ビルドアップ等高いレベルの練習が可能

夜ランニングはもう完全に身体が目覚めた状態なので高いレベルのランニングが可能になります。

朝ランニングはまだ身体が完全に起きた状態ではないので、ジョギング程度ぐらいになるでしょう。

しかし、夜ランニングはジョギングに加え高いレベルを目指すのならば、ビルドアップ走、インターバルトレーニング等可能になってきます。

朝ランニングでもビルドアップ走等可能なのですが、よほど意志が強くないと練習できません。

よって健康維持よりも、少しでも速く走れるようになりたいと思われている方は夜ランニングおススメします。

まとめ

朝ランニングと夜ランニングどちらも運動効果は大差ありません。どちらか自分の都合の良い時間にランニングするのが良いでしょう。

ほとんどの方は、普段の生活の中でランニングの時間をいかに作り出すかというのが、一番の悩みになってくると思います。

あまり深く考えることなく、朝夜どっちでも都合の良い時間にランニングをするようにしましょう。

朝走ろう、夜走ろうと、と決めてしまうとなかなか継続は難しいですよ。

私はほんとたまぁにですが、朝5km程度、夜5km程度どちらもランニングすることもあります。疲れて果ててしまうのではないか?という方もいると思いますが、意外と身体は快調ですよ。

ほんとたまぁにですが、なんだか自己満足というか達成感があります。

一番の理想はランニングを日常生活の中に少しでも組み込んで、ランニングを毎日毎日の当たり前のことにしてしまうのが一番良いことではないかと思います。

こちらの関連記事もよければ⇒ランニングを継続させるコツ

<スポンサーリンク>

-ランニング
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

プロフィール

北海道住みの北海道が大大大好きな中年の管理人!のほほんです!

年間行事やスポーツ・北海道観光地やグルメ情報そして私の好きな献血や薬局での血液検査(笑)について紹介しているブログです!

よろしくです~