献血の後に「眠くなる」「眠い」はなぜ起きる?対処法は?

献血すると眠たくなったり、なんとなくだるくなったりすることってありますよね。

なぜなんだろう?って不思議に思うことありませんか?

私は献血好きで、献血可能な日になったらすぐに献血にいくのですが、たま~に献血後に「眠たく」感じたりすることがあります。

今回、なぜ献血するとなぜ「眠くなる」「眠い」「だるい」感じるのか紹介します!

献血の後に「眠くなる」「眠い」はなぜ起きる?対処法は?

それは「体が自動的に安全対策をとっているから」です!

献血や血液検査では身体から血液が抜かれて、普段より血液が少なくなった状態になります。

そしてそれを、体が自動的に「危険な状態」と感じる場合があるのです。

安全確実に行われた採血であっても、体の心臓などの各機能はそのことは全く知りません。

この「危険な状態」をなんとかしなければいけないと、体の機能が自動的に動き出すのです。

そのことにより

体を休養させようと「眠たくなる」「だるく感じる」という反応が出てくる場合があるのです。

だるさや眠気を感じた時の対処法は?

まずは、ゆっくり休養しましょう!

無理は禁物です。体が危険な状態と感じて、安全機能が動いてる状態なので、体に正直になりましょう。

・献血ルーム内であれば、だるさなどがなくなるまでゆっくり献血ルームで過ごす
・移動中であれば、ベンチに座るなどしてとにかく体を休める

体調に少しでも変化のある時は、そもそも献血しないのが一番の対策です。

私が「だるい」「眠気」を感じた時に共通している事

それは「早朝ランニングした後に献血をした時」です。

私は、健康のために休日に早朝ランニングをするときがあるのですが、いつもはだいたい5km程のランニングです。

たま~に調子が良く、ついつい10km~15kmと距離を走った後、献血をすると必ずといっていいほど、だるさや眠気を感じます。

まあ、普通に考えて、ランニングの距離が増えることによって、体に普段より負担がかかっている状態なのでしょうね。

普通の状態より疲労がある状態は、やはり気を付けた方がよいでしょう。

私の場合は、いつも1時間ほど献血ルームで、ゆっくり過ごすとすぐに回復します。

ちなみに、ランニングしないで献血をした時は、だるさなど感じたことは一度もありません。

まとめ

私のように「だるさ」「眠たい」といったことを感じる方は、少なからずいると思います。

一番の対策は、体調に少しでも変化あれば献血をやめることが大事ですよ。

「少しで人のために役に立つことをしたい」って思っていても、献血で自分の体調崩してしまっては、意味ありませんからね。

 

『ラブラッドって知ってますか?献血の会員クラブなんですが、めちゃお得です!私は実際に入会していてお得なメリットを紹介します!詳しくは以下の記事をどうぞです』

複数回献血クラブはラブラッドへ!ポイント交換できる記念品は?
ラブラッドのポイントで交換できる商品を調べていませんか?この記事では交換できる記念品を紹介しています。この記事を参考にすることでラブラッドのたくさんのメリットについて知ることができるようになりますよ。どうぞご覧ください!
タイトルとURLをコピーしました