のほほんのブログ

年間行事やスポーツ北海道グルメ情報などをメインに紹介している雑記ブログです

献血

献血後の飲酒や運動は控えましょう!私の失敗談について

投稿日:2018-08-11 更新日:

献血後の事って考えたことありますか?私は以前全く何も考えていなく、普通に飲酒・運動などをしていました。

特に体調が悪くなるということはなかったのですが、あることがきっかけで、献血後の事も考えるようになりました。

日本赤十字社のHPにも注意として掲載されており、献血の際もスタッフの方から声かけをされるのですが、あまりきちんと聞いていないですよね。

やはり、大事なことなので私の失敗談も含めて話したい思います。

(あくまでも医学的根拠ではなく、私の主観がかなり入っているのでそこのところはご了承下さい)

献血後注意すること

直後の入浴とサウナに注意

400ml献血の場合ですと、血液のほかにも水分も体内から抜かれています。

400mlといえば350mlのコーラより多い量ですよね。

だいたいのイメージでいうと、そのコーラ1缶分の血液と水分が体から抜かれているのです。

その状態でサウナに入れば、脱水状態になる可能性は高いですよね。

脱水状態にならなくても、体に負担がかかっているので、サウナでスッキリするどころではなく、体調不良になる可能性の方が高くなりますよ。

激しいスポーツ

献血後は血液の中の赤血球が少なくなっています。よって酸素が体にいくのに時間がかかっている状態になっているのです。

この状態で水泳やマラソンなどの激しい動きは、立ちくらみやめまいの原因になるのです。

運動を毎日やっていて「どうしても運動がしたい」って思う方は

解決策として

●午前中に献血するのではなく、午後の遅い時間に献血する

●午前中にいつもより、軽めの運動にする

どうしても運動がしたい方は参考にして下さいね。

飲酒は避けてください

お酒にはみなさんよくわかっていると思いますが「利尿効果」があります。

酒が進むとトイレがどんどん近くなりますよね。体からどんどん水分がなくなっているのです。

普段でさえこの状態なのに、献血後はすでに水分が少ない状態になっているのです。

はい「脱水状態」になる危険性があるのです!

私の失敗談について

あくまでも個人的な体験なのですが、たまたまだったのかもしれませんが、個人的な体験として見てください。

私はやった失敗とは

 

献血した翌日にマラソン大会に出たのです

 

なんとマラソン大会ですよ(フルマラソンではく10kmでしたが)今考えると無謀でしたが、当時は

「献血で血抜いたから体が軽くなって速く走れるようになってるかもしれないなあ~」

なんてなんてアホなことを考えていました。

血を抜いて体が軽くなるなんて・・・アホです!

 

アホでした

 

結果は特にタイムが良くもなく悪くもなく、普通のタイムでゴールしましたが、その日の夜から急に寒気がし始めたのでした。

そして、次の日の朝発熱38度でした。

がーん!やってしまった。

会社に連絡して休みをもらいました(たまたま重要な仕事がない日だったので上司も笑いながら対応していましたが)

はい、これは献血と関係が無くたまたまだったのかもしれませんが、やはり献血後には注意が必要です。

それ以来、「献血した後の週は仕事がどれくらい忙しいのかな?」とか「献血後の週ジムにいく予定あったかな?」とか考えるようになりました。

くれぐれも、献血した翌日マラソン大会にでるのはやめた方がいいと思います(笑)

まとめ

献血後の事について気を付けている方、少ないと思いますが血液が体内から無くなっている状態なので、少なからず体には負担がかかっている状態なのですよ。

普段とは違うんだと思って直後の生活を送るようにしましょうね。自分自身にも言い聞かせています(笑)

私も含めて気をつけましょう!!

 

『献血って断わられることあるんですよ!献血後の注意って大事ですが、それ以前ににしっかり確認したいものですね!詳しくは以下の記事をどうぞです』

献血って断られる事あります。海外旅行・体重不足など紹介します

-献血
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

プロフィール

北海道住みの北海道が大大大好きな中年の管理人!のほほんです!

年間行事やスポーツ・北海道観光地やグルメ情報そして私の好きな献血や薬局での血液検査(笑)について紹介しているブログです!

よろしくです~