二の腕の太さやサイズの正しい測り方!一人の時はどう測る?

二の腕って腕のどの部分を測ったらいいんだろう?

正しい測り方が知りたいってあなたに紹介しますよ!

そして、一人で簡単に測る方法もあるので、ぜひやってみて下さいね。

二の腕の太さやサイズの正しい測り方!一人の時はどう測る?

二の腕の測り方には、2つの測り方があります。

・ダイエット目的の場合

・筋力トレーニング目的の場合

一般的には筋力トレーニングの場合の方が「二の腕の太さサイズ」として、認識されています。

二の腕の測り方(ダイエット目的の場合)

「肘を伸ばし一番太い部分」を測ります。

わかりずらいと感じる方は、肩と肘の中央付近と覚えておくと良いでしょう。

二の腕のぷよぷよとした肉がついている部分です。

測る時に気を付ける点は

・背筋を伸ばして正しい姿勢をとります

・腕を地面から約90度、垂直に上げます

・手のひらは下を向けます

あとは一番太い部分をメジャーで測るのみです。

特に難しいことはないので、まずは中央付近それから太い部分を探せばOKです。

【間違った計測の例】

この場合は「肩周辺」を測っています。

一番太い部分を意識するあまり、肩を計測しているので正しい計測にはなりません。

あくまでも、肩と肘の中央付近を意識しましょう。

二の腕の測り方(筋力トレーニング目的の場合)

「力こぶが出ている一番太い部分」を測ります。

明らかに太くなっているので、わかりやすい部分です。

なお男性の平均的な二の腕の太さ(筋力トレーニング目的の場合の太さ)

・28~28.5cm

と言われていて、35cmを超えると太く鍛えられているように感じます。

ですが、年齢や身長・体格など個人差もあるのであくまでも平均としてとらえるようにして下さい。

二の腕の理想のサイズの計算方法は?

二の腕の理想のサイズの計算する方法があります。

身長×0.145~0.16 が理想のサイズとされています。

ここで、0.145~0.16 は幅があるので迷うと思いますが、数値は自身の好みで設定して下さい。

一般的な数値0.15で計算すると

(例)身長157cmの場合 157×0.15=23.55

身長157cmの方は 23.55cm が理想のサイズです。

 理想の二の腕のサイズ
身長145cm21.75cm
身長150cm22.5cm
身長155cm23.25cm
身長160cm24cm
身長165cm24.45cm

二の腕を一人で測る場合は?

ズバリ「大きな鏡の前で測りましょう!」

2人で計測するのが理想ですが、自分一人で測る場合は鏡を利用しましょう。

理由は、腕そしてメジャーが地面に対して水平(垂直)になっていることを確認できるからです。

鏡などが無い場合は、水平かどうかは自分の感覚のみになってしまい正しい計測が難しくなってしまいます。

鏡を見ながら正しく計測しましょう。

毎回同じ位置で計測しましょう

ダイエット目的の場合にせよ、筋力トレーニング目的の場合にせよ、日々の太さが気になってくるので、

同じ部分で計測を心がけましょう。

一番良いのは「肩から何cm」「肘から何cm」と決めてしまえば次回計測するときにスムーズに測ることができます。

まとめ

二の腕のサイズの測り方について紹介しましたので、正しい計測に心がけて下さいね。

男性・女性それぞれ二の腕を測る目的は違いますが、正しい太さサイズを把握することが一番大事ですからね。

 

『太ももや足首を測る時って、どの部分を測ればいいのか迷いますよね!毎回違ってしまうあなたに!正しく測る方法を紹介します!』

足首ふくらはぎ太もも正確な測り方!測る場所や位置はどこ?
足首ふくらはぎ太ももの正しい測り方を調べていませんか?この記事では測る時の詳しい場所や測る時のコツなどを紹介しています。この記事を参考にすることで正しいサイズがわかるようになるでしょう。どうぞご覧ください!
タイトルとURLをコピーしました