古い年賀はがき(書き損じ)活用法!交換・懸賞・現金化など!

古い年賀はがきや書き損じの年賀はがき、もうすでにプリンターで印刷してしまった年賀状かなりある方多いと思います。

「なんとか有効活用したいな~」「何かと交換できないかな~」って思いますよね。

大量にあると思ってしまいますよね!このまま捨ててしまうのはもったいないし~

そんな時これから紹介する4つの方法ぜひ利用してくださいね

古い年賀はがき(書き損じ)活用法!交換・懸賞・現金化など!

 「官製ハガキや切手」と交換する

郵便局で新品の官製ハガキや、切手と交換してもらうことができます。

どんなに古い年賀状でもOKです!

ただし1枚につき5円の手数料がかかりますので、注意してくださいね。

なお交換できないハガキの条件は

・ひどく汚れている

・切手が破れている

・料金が書かれている部分に汚れ破れがある

この場合は交換できないので、残念ながらあきらめて下さいね。

すでにプリンターで裏面を印刷してしまった年賀ハガキは交換できる?

「できます!」

上記の交換できない条件に当てはまらなければOKです。ほとんどの場合が、裏面のみプリンター印刷した場合ですので交換できす。

そのまま「普通のハガキ」として使用する

年賀ハガキも通常のハガキとして使うことができます。

ただし古い年賀状で料金が52円だった時のハガキを使用するときは、現在63円なので、差額分プラス11円分の切手を貼ることをお忘れなく!

「懸賞」に応募する

なんだか夢がありますね!

52円の時の年賀ハガキであれば差額分11円プラスすることをお忘れなく。

懸賞って普段なかなかやらないものですよね。なんだか子供に戻ったことを思い出して、懸賞かきまくって数か月後には

「最新のパソコン当たった~!」ってことも少しは期待しましょう(笑)

金券ショップを利用して「現金化」

これが一番おすすめです!

金券ショップで買い取ってもらって現金化するという方法です。

最近はハガキや切手を使う機会ってなかなかないですね。そのような方は金券ショップに持ち込んで現金化おすすめします。

なんだかんだいっても現金が一番ですね。

ただし、金券ショップによって買取料金や買取の条件が違うので、事前に電話などで確認してくだいね。

一般的な買取価格はハガキであれば

未使用で35円前後が相場だそうです。

目安として30円を切るショップは避けたほうが良いのではと思います。(あくまでも目安として考えてください)

まとめ

古くて余ってしまった年賀ハガキ有効活用してくださいね。捨てるのはもったいないので・・

なお番外編で「寄付をする」っていう方法もあります!未使用に限りますが、社会貢献ってのもいい考えではないでしょうか!

 

『年賀ハガキのお楽しみといえばお年玉ですよね!簡単に当選番号チェックする方法紹介します!詳しくは以下の記事をどうぞです』

【2020年】年賀はがきの当選番号を簡単にチェックする方法!
年賀ハガキの当選番号をチェックする方法を探していませんか?この記事では簡単に早くチェックする方法を紹介しています。この記事を参考にすることで時間短縮でチャックできるようになるでしょう。どうぞご覧ください!
タイトルとURLをコピーしました