献血で体重をごまかす方法はないの?ギリギリの時はどう?

献血したいんだけど、私は今体重が38kgしかないし・・・

たしか女性は体重が40kg以上ないと献血できないってHPに載っていたな~

なんとかごまかして献血する方法ないかな?って考えているあなた!

その疑問に答えます!

献血で体重をごまかす方法はないの?ギリギリの時はどう?

献血で体重をごまかす方法は?

「ありません!」断言します。

なぜなら、献血ルームにはしっかり体重計が設置されているからです。ですから、ごまかす事ができません。

その体重計に乗ることを指示されるのはどうゆう時かというと

・そもそも自分の体重を知らない時

・担当者が目視で判断した時

たとえ、問診や質問事項の時に体重をサバ読んだり、ごまかそうと思ってウソの体重を答えたとしても、担当者が目視で判断して「体重計に乗るよう指示」されるので絶対バレます。

間違っても「ポケットに鉄アレイとか重りを入れたらバレないんじゃないの?」とか絶対やめて下さいね。

献血できる体重は?

200ml全血献血

・男性 45kg以上 
・女性40kg以上

400ml全血献血
・男性女性共に 50kg以上
成分献血 

・男性 45kg以上 
・女性 40kg以上

献血する方の健康を考えて、このように明確な基準があります。ですから、この基準から外れると献血できません。

献血する方を守るための基準なんです

体重をごまかそうとかとする考えること事体が危険なことです。

体重に関して基準が設けられているということは、献血する方の健康を考えてのことなのです。

ですから、絶対にウソをついたりすることはやめましょう!

あなたの体の健康が一番大事ですからね。

体重がギリギリの時は献血できるの?

ぎりぎりでも大丈夫「基準を満たしていれば献血できます」

担当する人が常に目視で、献血者を見ているので大丈夫です。安心して献血しましょう。

もし、体重に不安がある場合は直接担当者の方に聞くとよいでしょう。ハッキリしますよ。

まとめ

体重をごまかす方法はありません!

何度も言いますが、あなたの安全と健康を考えてのことなのです。

 

『献血ルームって快適ですよね!ネットカフェ?って思うぐらい(笑)快適な楽しみ方を紹介します!詳しくは以下の記事をどうぞです』

献血ルームのおすすめの楽しみ方8つ!意外な人気スポット?
献血ルームの楽しみ方を調べていませんか?この記事では私が献血の時に楽しんでいるポイント8つ紹介しています。この記事を参考にすることで献血がどんどん好きになっていくでしょう。どうぞご覧ください!
タイトルとURLをコピーしました