体重計の縦置きで誤差が出る?上に物を置くのも良くないの?

体重を測るたびに誤差が大きいけどナゼ?

さっき計ったばかりなのに、数値が違いすぎる?購入したばかりだから故障ではないと思うけど・・

ひょっとしたら体重計をタテ置きで保管しているから、狂ってきているのでは?

って感じているあなた!

体重計のタニタさんのHPに明記されているので紹介します。

体重計の縦置きで誤差はでてくるの?

ズバリ「誤差や狂う可能性があります」

タニタさんのHPお客様サポートセンターにも明記されています

体重に誤差が生じる可能性として以下のものがあります。 測定状況について、ご確認をお願いいたします。

体組成計を立てかけて保管されていたり、測定前に体組成計を移動してから測定されたりしていませんか?「自動認識機能(乗るピタ機能)」が搭載されている体組成計は、 体組成計の「ゼロ点調整」を定期的に行っておりますので、立てかけたり移動したりすると誤差が生じます。

引用元:タニタ お客様サポートセンター

「立てかけたり移動したりすると誤差が生じます」と書かれています。

やはり縦置き・立てかけるのは良くないんですね。

そのまま置くとスペースが大きくなるので、タテ置きにしたくなりますが、誤差がでる可能性があるので平置きが理想ですね。

100均に行くと「体重計スタンド」など販売していて、省スペースに良いと思ってしまいがちですが、

今使っている、体重計の説明書を事前に良く確認しておきましょう。

なぜ体重計を縦置きにすると良くないの?

体重計の内部「ひずみセンサー」が影響を受けるからです。

「ひずみセンサー」は人間の重さがかかった時に、ひずみの大きさを電流の強さと通知し、そこから計算して体重が表示されます。

タテ置きなどで保管すると、そのひずみセンサーが通常加わる力(地球の重力)とは違った力が長時間掛かってくる状態になるため、なんらかの不具合がでてくる可能性があります。

注意していきましょうね。

体重計の上に物を長時間物を置くのも良くないの?

「長い時間、物を置くものよくはありません」

タニタさんのHPにも明記されています

本機を立てかけたり、物を上に置いた状態で保管した後にご使用になると、測定値に誤差を生じる場合があります。

引用元:タニタデジタルヘルスメーターHD662取扱説明書

この場合も注意しましょう。

なぜ誤差が生じる可能性があるのかというと、

「ひずみセンサーに長時間重さが加わると、支柱の部分に影響がでてくるからです」

では、何時間?何キログラムから影響がでてくるか?については、詳しくは不明のためわかりません。

やはり、体重計の上には何も置かないで保管するのが理想ですね。

体重計の誤差が出た時の対処法

もし誤差やちょっと狂っているのでは?と感じたら次のことをやってみて下さい。

●手動「ゼロ点調整」方法 
一度体組成計を固い床に置いていただき、「体重/OFF」を押し、「0.0」となりましたら、もう一度「体重/OFF」を押します。 

引用元:タニタ お客様サポートセンター

カンタンに対処できますから、安心して下さいね。

なお、体重計のメーカや商品によって違う対処(平らな安定した所で約20分設置する)等もあるのでメーカーのHP等で確認してくださいね。

もしこの場合でも誤差が直らない場合は、直接問い合わせてくださいね。

まとめ

誤差が大きくなってきた。狂っているでは?と感じたら紹介している対処法をやってみて下さいね。

なお体重計・体組成計の中には「縦置き可能」「0kg補正機能」も販売されているのでそのような商品を購入すれば

タテ置き保管ができるので、事前に確認してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました