スキー初心者の止まり方のコツ!手順を簡単わかりやすく解説!

スキー今年から始めたんだけど、なかなか自分が決めた場所で止まることができないなぁ

なんとなくダラダラとまっている感じだし、

「自分の止まりたいところで、止まる方法ないかなっ」て思っている

あなた!

今回、初心者のあなたになるべく難しい用語は使わず、わかりやすく簡単に解説していきますよ。

スキー初心者の止まり方のコツ!手順を簡単わかりやすく解説!

手順として6段階あります。

 1 スキーをㇵの字へ
 2 ブーツを内側へむけ内またぎみへ
 3 内またに力を入れる
 4 両スキーを外側へ広げる
 5 空気イスのように腰を落とす
 6 それでも止まらなければ、自分の意志で転ぶ

詳しく解説していきますね!

1 スキーを二の字からカタカナの「ㇵの字」へ

スキーを平行のままだと、雪面からの抵抗無いのですが、

カタカナのㇵの字にすると、抵抗がかかるので当然止まります。

初心者のあなたも、スキー場へ行くと無意識にこの姿勢になっているでしょう。

正解です!

この姿勢がスキー基本の姿勢といっていいくら

プルークスタンスといいます。

この姿勢のままでも、緩斜面ではきちんと止まることができます。

2 ブーツ内側へ向け、内またぎみにする

ㇵの字でも止まらない時は、

ブーツを内側へ向け、内またぎみにします。

この状態がいわゆる

「エッジを立てる」「エッジを効かせる」

ということになります。

このエッジとは、スキーの内側の金属の部分になります。

エッジはよく使われるスキー用語なので、覚えておきましょう。

かなりブレーキがかかるのが、感覚でわかるでしょう!

3 内またに力を入れる

それでも止まらない時は、

内またに更に力を入れていきます。

内またに力を入れるということは、エッジが更に立ってくる状態になり、

ブレーキがかかります

4 内またに力を入れたまま、両スキーを外側へひらく

力入れたまま、スキーを外側へ

ちっと外側へひらいただけで、かなり抵抗を感じるでしょう。

この時、内または力を入れたまま

内または力を入れたままですよ!

抵抗がかかり、ブレーキになってきます。

5 スキーは外側のまま、空気イスのように腰を落とす

それでも止まらなければ、

空気イスのように体全体を沈み込むように、落としていきます。

そして、

身体全体でブーツの足裏に圧力をかけるようにします。

自分の体の全体重を足裏に集中し、エッジを効かせます。

この時、姿勢は前のめりになりがちですが、

あくまでも真上から、まっすぐ真下に

前のめりの状態だと、力が足裏に伝わりにくくなってしまいますからね。

まっすぐ真下に

エッジを更に強く効かせます!

太ももがつらくなってくると思いますが、ここはガマン

6 それでも止まらなければ、転びましょう!

最終手段です。

ここまでの動作で止まらなければ、転びましょう!

なにも恥ずかしがることはありません。

止まらなければならない状態で考えられるのは

・暴走ぎみになりコントロールできないと感じてきた

・進行先に人などの障害物があり、止まらないとぶつかってしまう

この2つが当てはまるでしょう。

どうしても止まらなければならない状況なので、思い切って自分から転びましょう。

その時気をつけるのが

自分の意志で転ぶと決め、中途半端な気持ちで転んではいけません!

そうです、

自分の意志で転ぶんです!

そうすると、自然にスキーの後方へ安全にケガなく、転ぶことができます。

転ぶか転ばないか迷っている状態が不安定で危ないんです!

思わぬ方向に転倒しかねません。

初心者といえど、自分の体は大事にしましょう!

まとめ

以上、スキーで止まる手順とコツを解説したので参考にして下さいね。

スキーは楽しいですが、安全な止まり方を覚えてしまえば

もっともっとスキーが楽しくなりますよ!

ぜひこの手順ためして下さいね。

 

『自由に止まれるようになったら次はスキー検定にチャレンジしてみませんか?私が3級にチャレンジした時の体験談も交えて紹介!詳しくは以下の記事をどうぞです』

SAJスキー検定3級のレベルや難易度は?私の体験談!
スキー検定3級の難易度ってどれくらいか調べていませんか?この記事は私が実際に3級を受験した時の体験を紹介しています。この記事を参考にすることで3級合格に近づくことは間違いないでしょう。どうぞご覧ください!
タイトルとURLをコピーしました