のほほんのブログ

年間行事やスポーツ北海道グルメ情報などをメインに紹介している雑記ブログです

季節イベント

ボーナスくれない旦那ってなぜくれないの?解決方はある?

投稿日:2019-04-20 更新日:

<スポンサーリンク>

うちの旦那はボーナス家に入れてくれない。

いまさら旦那に直接言うのは・・・

結婚して10年以上たつけど、一度もくれない。

だんだん家計が厳しくなってきたし、なんとかする方法ないかなってあなた!

なんとかする方法2つ紹介します。

<スポンサーリンク>

ボーナスくれない旦那ってなぜくれないの?解決法はある?

旦那がボーナスくれない理由

自分が稼いだから自分で使いたい

特に今の現状で、子供や奥さん家庭自体が生活に困っている状態ではないし、

何より自分が「毎日一生懸命に働いた成果だから、自分で使う」が旦那さんの意見です。

確かに毎日毎日あまり行くたくない、会社に行ってただ耐えるだけの日々を過ごしていたら旦那さんのストレスはかなりたまっているのでしょう。

まさにお金のために働いている状態です。

いやいや無理やり会社にいって、働いているだから「それくらのご褒美があって当然だ」と思っているのです。

結婚した時点で特に話し合いをしていなかった

・結婚した時点で夫婦で別々に管理しようって決めていた場合

・特に家計についてきちんと夫婦で話していなかった場合

この2つの場合が当てはまります。

給料・ボーナスについてしっかり話あったつもりでいても、実際には奥さんの方が家計についてあまり深く考えていなく

旦那さんも結局、趣味などに使うお金は確保しておきたいから「夫婦別別で管理でいいんじゃないの!もし足りなくなったらその時はその時で考えようよ」って感じです。

その考えに奥さんも押し切られた形です。

本能的な話ですが、男性はお金について細かく考えるのが苦手です。

あったらあった分だけ使うのが男性の本能みたいなものがありますし、貯金とか蓄える考え方が苦手です。

ですから、男性は女性比べて考えられないような使い方をします。

例えば、パチンコ・スロット・競馬などにハマってしまうのが男性が圧倒的に多い理由です。

特に夫婦で話合いをしていなければ、結局旦那さんは使ってしまうのが普通です。

<スポンサーリンク>

解決法1 結婚した時点で家計は一緒にすると決めておく

理想は付き合っている時点で「結婚したら子供の将来のために家計は一緒にしようね」と旦那さんに言っておきましょう。

家計・お金の面をうやむやにしておくと、結婚後なにかとあなたが、悩むことが多くなります。

女性が家計を握ると、一般的に家庭はうまくいきます。

男性よりも女性が家計・そして、家庭内の実権を握ってしまうことが本当に家計・家庭がうまくいきます。

しかし、ご主人を立てることは必ず守ってくださいね。

旦那さんを立てることを忘れると、子供は敏感ですから、お父さんに対してあまりいい感情にならなくなってしまいます。

解決法2 家計が厳しいことを伝える

どうしても、家計が厳しく場合は直接面と向かって話し合いましょう。

その際、旦那への不満から感情で話してしまうと大失敗する可能性が高いでしょう。

理想は、家計簿を作って

・今の家計の現状

・このままだと将来家計が厳しくなる事項を明確に伝える(子供の食費・教育費など)

数字でしっかり旦那さんに伝えましょう。

感情で奥さんから言われても、旦那さんも感情的になってしまうので、家計簿という数字で圧倒しましょう。

きっと、旦那さんの考え方は変わります。

直接、面と向かっていわれないと、男性は全く気が付かないのでおすすめです。

また、一番やってはいけないのは

・法律的には・・どうのこうの

冷静になりすぎて「法律的には・・・」という言葉をだすのはやめましょう。

この時点でもう旦那さんは「信頼されていないんだな」って思ってその後、夫婦関係が悪くなるからです。

まとめ

旦那さんがボーナス・賞与を入れてくれないと家計は本当に厳しいですよね。

この2つの解決方がなんらかの突破口になってくれることを、願っています。

<スポンサーリンク>

-季節イベント
-,

プロフィール

北海道住みの北海道が大大大好きな管理人!のほほんです!

年間行事やスポーツ・北海道観光地やグルメ情報そして私の好きな献血や薬局での血液検査(笑)について紹介しているブログです!

<スポンサーリンク>