のほほんのブログ

年間行事やスポーツ北海道グルメ情報などをメインに紹介している雑記ブログです

生活お役立ち情報

えのきって生で食べれるの?下痢などの食中毒の危険性は?

投稿日:

「えのき」って野菜だから、新鮮だったら生で食べられるってインターネットの情報で書いてあったけど、本当に生で食べて大丈夫なの?もし食べたら食中毒のような症状にならないの?

って考えているあなた!

今回、ずばり生で食べれるかどうか紹介します。

えのきって生で食べれるの?下痢などの食中毒の危険性は?

「エノキ」って生で食べれるの?

ズバリ「生で食べれません」

通常スーパーなどで販売されているエノキは、加熱しないとたべれないのです。

理由は

エノキタケに含まれている、タンパク質のフラムトキシンという毒性が溶血作用をしてしまうのです。溶血作用とは赤血球を攻撃して、破壊することなのです。

しかし、この「フラムトキシン」という毒性は加熱することにより、なくなるので加熱さえすれば大丈夫です。

ハイ、加熱しましょう!

なお、自然に自生しているえのきは採取後、時間が経過していないすぐの状態であれば生で食べることができるとされていますが、詳細な時間は不明なので、

たとえ、自然に自生して取れたのエノキを食べる場合でも「加熱」することをおすすめします。

もし生で食べた場合、数時間後に食中毒のような「下痢・吐き気・嘔吐」の症状がでる場合もあるので注意しましょう!

どの程度「エノキ」を加熱したらいいの?

「さっと湯どおしでOKですが、しっかり加熱しましょう」

スーパーなどで、販売されている真っ白い細いおがくずを利用して、人工栽培されたエノキは湯どおしでOKです。

ですが、体調がすぐれない場合など体の抵抗力が弱っている場合などは、エノキの毒性が現れて食中毒のような症状になる場合があるのです。

しっかり加熱しましょう!

生で食べられる「エノキ」は?

「生食用」の表示があるエノキはOK!食べれます!

必ず表示を確認してください。生食用の表示があれば、生でたべられます。

最近は技術が進歩して生食用が販売されています。あまり品数が少ないのですが、どうしても生でエノキを楽しみたい方は利用してくださいね。

逆に言うと生食用の表示がないエノキは、必ず加熱しましょう!

まとめ

自然に自生しているエノキ、スーパーなどで販売しているエノキ、どちらにしていも「加熱」を強くおすすめします。

食中毒になってしまっては大変なので、充分に注意しましょう!

 

『エノキが腐っているかどうか確認する方法知っていますか?簡単な見分け方を紹介します!詳しくは以下の記事をどうぞです』

えのきが腐るとどうなるの?腐っている時ってどうゆう状態?

-生活お役立ち情報
-

プロフィール

北海道住みの北海道が大大大好きな管理人!のほほんです!

年間行事やスポーツ・北海道観光地やグルメ情報そして私の好きな献血や薬局での血液検査(笑)について紹介しているブログです!