のほほんのブログ

年間行事やスポーツ北海道グルメ情報などをメインに紹介している雑記ブログです

プッシュアップバー

プッシュアップバー100均ダイソー商品と通常商品を比較してみた!

投稿日:2019-02-24 更新日:

プッシュアップバーは100均ダイソーでも売っています。

通常は1000円~2000円の価格で購入できますが、ダイソーのプッシュアップバーは「400円」で購入できます!

400円って十分安いのですが、通常の価格帯のプッシュアップバーとなにが違うのか?

そもそも100円ショップDAISOのプッシュアップバーは格安なので、実際大丈夫なの?

そんな疑問持つ方もいるかと思いますので、今回調べてみました。

Amazonで1580円で購入できる「Wolfyok」とどう違うのか?

比較してみたので紹介します!

プッシュアップバー100均ダイソー商品と通常商品を比較してみた!

・サイズ

・材質

・耐荷重

・グリップ素材

・価格

・実際の安定感

以上の6項目について比較してみた結果紹介します。

サイズ比較

  高さ 長さ
Wolfyok 11.5cm 24.5cm 15.5cm
ダイソー 12cm 14.5cm 23cm

Wolfyokの方が、幅があり小さめのサイズです。

実際トレーニングする時の安定性にかかわるところですが、どちらもまったく問題なく使用することができます。

材質比較

  本体 滑り止め
Wolfyok TPR 滑り止め加工
ダイソー ポリプロピレン 塩化ビニル樹脂

ここで注目するのは

滑り止めの材質です。

トレーニングするときは置いて使用するので、滑るかどうか?が問題です。

ダイソーの方は塩化ビニル樹脂という材質なので、滑り止めの効果は少なく、使用の方法によっては滑るかもしれません。

ですから、使用する際は滑り止めのマットなどを引くと良いでしょう!

Wolfyokは、滑り止め防止加工が施してあります。

耐荷重比較

Wolfyok 約320kg以下
ダイソー 約200kg以下

どちらも全く問題ありません。

そこまで、体重がある方はいないとは思いますので、

グリップ素材比較

Wolfyok EVA綿スポンジ
ダイソー EVA樹脂

トレーニングの時一番気になるところです。

WolfyokはEVA綿スポンジを加工してあるので、グリップの握りがしやすく、しっくりくるでしょう。

Wolfyokに軍配です。

価格比較

Wolfyok 1580円
ダイソー 400円

最後に値段の比較ですが、これは圧倒的にDaisoに軍配です。

このコストパフォーマンス格安はあっぱれです(笑)

実際の安定感の比較

実際にトレーニングで使用してみましたが、やはり「Wolfyok」の方が安定感が高いように感じました。

「ダイソー」が安定感が低いわけではありませんが、比較となると「Wolfyok」の方が安定感が高いです。

この部分は感覚によるものが大きいので、使用した個人による差はあると思います。

結 論

ダイソーのプッシュアップバーのちょっと気になる点については

・トレーニングの仕方により少し滑るかも

・グリップ・安定感は上位製品より少しだけ落ちる

ぐらいなので「全然大丈夫です。全く問題なし」とにかく安いプッシュアップバーを探している方には「間違いなく買い」です!

トレーニングにはまったく、問題ありません!

そもそもプッシュアップバー自体が単純は構造なので、ホームセンターで材料買ってきて自作で作ってしまう方もいるぐらいですからね。

 

『プッシュアップバーは長く継続できる筋トレグッズです!私が現在も続けていてメリットなど紹介します!詳しくは以下の記事をどうぞです』

プッシュアップバー最強の筋トレグッズ!きついけど継続できます!

-プッシュアップバー
-

プロフィール

北海道住みの北海道が大大大好きな管理人!のほほんです!

年間行事やスポーツ・北海道観光地やグルメ情報そして私の好きな献血や薬局での血液検査(笑)について紹介しているブログです!