プッシュアップバー最強の筋トレグッズ!きついけど継続できます!

プッシュアップバー知ってますか?

私が購入してから1年以上継続している、最強の筋トレグッズです!

筋トレグッズは過去何点か購入しましたが、この「プッシュアップバー」だけは現在も継続しています。

継続することって大事ですよね。

筋力トレーニングの器具機械を購入したはいいけど、その時だけモチベーションが上がり、徐々にモチベーションは下がってきて、気づいた時には何もしていない。

というパターンが多いですよね。

私は腕立て伏せが普通に30回程度はできるので、この「プッシュアップバー」に興味あって購入しました。

プッシュアップバー最強の筋トレグッズ!きついけど継続できます!

通常の腕立て伏せより、もう一段下がる感覚です

もう一段下がる感覚により、大胸筋にかなり負担がかかります。

とはいっても耐えられないきつさではなく、大胸筋がぐーっと伸ばされる感覚ということです。

よって、普段の腕立て伏せより「1.5倍」程の強度になる感覚です。

倍の「2倍」ではありません。

簡単にいうと、ちょっときついってかんじです!

このちょっとキツイってとこが重要です!

この「ちょっときつい」「1.5倍」というのが大きなところで、もっと強度が上がってしまうと、プッシュアップバーを使用すること自体がきつくて、嫌になってしまうと思います。

プッシュアップバーは大胸筋を各部位ごと鍛えることができます!

プッシュアップバー効果と大胸筋「上下部と内外側部」の鍛え方!
プッシュアップバーの効果・大胸筋の鍛え方を調べていませんか?この記事では効果と大胸筋(上下・内外)の鍛え方を紹介しています。この記事を参考にすることで効率的に大胸筋を鍛えることができるでしょう。どうぞご覧ください!

体幹が鍛えられている感覚

普通のプッシュアップより、もう一段下がるので「体幹を固めて姿勢を正しくとろう」という感覚が無意識のうちにでてきます。

やはりもう一段下がるので体幹というか軸がしっかりしないと、姿勢自体保つのが困難にになってきます。

普通のプッシュアップより「体幹」を意識します!

体幹を何も意識しないと姿勢が崩れてしまうので、どうしても体幹を意識しないといけない状態になってきます。

腕立て伏せよりきついが、ちょっときつい「1.5倍」

ちょっときつい!

この「1.5倍」が大きなところで、例えば「2倍」になってしまうと本当に「プッシュアップバー」を使うが嫌になってしまいます。

筋力トレーニングですから、運動強度が高くなるのは当たり前なのですが、あまり高すぎてきつすぎるのは継続しません!!

私の経験上、きつすぎるのは継続しないのです!

私は以前購入した「ぶら下がり健康器」はきつすぎて、継続できませんでした!詳しく解説しているので、読んで行って下さいね!

ぶら下がり健康器の効果とデメリット!買っても意味がない?
ぶら下がり健康器について調べていませんか?この記事では効果やデメリットを私の体験からわかりやすく紹介しています。この記事を参考にすることで自分に合う器具なのかどうかがハッキリします。どうぞご覧ください!

場所をとらない

全然スペースを取りません!

そこら辺に置いていてもすぐ片づけることができます。

場所をとらないのは重要ですよ。

普段生活する空間部屋で「筋トレ」をするので、筋トレをする時以外ははっきりいって「筋トレグッズは邪魔」なのです。

本当に人間は勝手ですよね(笑)

筋トレグッズとしては安い

スポーツ店で購入しましたが、安くて1500円ぐらいでした。

私個人的な考えなのですが、筋トレグッズに限らず「安いから」という理由で物は購入しないほうが良いのではと考えています。

たまたまこの「プッシュアップバー」は構造上安価で購入することができますが、自分が「これだ」と思ったら少々高価でも、高価な方を購入したほうが良いと思います。

この「これだ」と思う直感ってすごく重要だと思います。

自分が納得して購入するということだからです。

安いほうを買って後で「やっぱり高価なほうが良かったな」って後悔しないですみますからね。

まとめ

プッシュアップバーは現在も継続しているので、おすすめです!継続って大事ですよね。

きついことを毎日1か月やって後は何もしないより、少しきついこと週2・3回、何年間もやることのほうが結局筋力アップになりますからね。

筋トレグッズの購入のポイントとして

・少しきつく感じる

・スペースをあまりとらない

この2つはかなり重要だと思いますよ。

何度も書きますが、「きつい」のは継続しません。経験済みです(笑)

筋トレグッズを購入する際はこの2つのポイントを意識して購入すれば、自分自身の筋力アップにつながって行きますよ!

 

『プッシュアップバーで大胸筋だけでなく、なんと腹筋を鍛えることができますよ!詳しくは以下の記事をどうぞです』

プッシュアップバーで腹筋「腹直筋と腹斜筋」を鍛える方法!
プッシュアップバーで腹筋を鍛える方法を調べていませんか?この記事では腹筋(腹直筋・腹斜筋)を鍛える方法を紹介しています。この記事を参考にすることで腹筋を効率的に鍛えることができるでしょう。どうぞご覧ください!
タイトルとURLをコピーしました