プッシュアップバーで腹筋「腹直筋と腹斜筋」を鍛える方法!

プッシュアップバーは主に大胸筋全体を、鍛えることができます。

鍛えられる部位は大胸筋・上腕三頭筋・三角筋そしてなんと「腹筋」も鍛えることができるんですよ!

今回、腹筋の鍛え方を紹介します。

プッシュアップバーで腹筋「腹直筋と腹斜筋」を鍛える方法!

プッシュアップバーで「腹直筋」を鍛える方法

プッシュアップバーを握り、脚を上げて下さい!

気を付ける事は

・呼吸は止めない

・腹直筋を常に意識する

・体はやや後方

・バーを持つ手は腰の位置に固定し密着させる

まずは10秒チャレンジ!

体操選手のようできついと思いますが、L字の姿勢でまず「10秒間の間で固定」でやってみましょう。

初心者の方はかなりきつく感じるかもしれませんので、もしできなけば無理しないですぐにやめてください。無理は禁物です。

なお、コツとして「バーを持つ手を腰に密着」させると固定しやすくなります。

腹筋の中の腹直筋が鍛えられます!

プッシュアップバーで「L字」ができない方

L字ができない方は、「かかとを地面につけてください」

なお、お尻はつけないで下さいね。つけてしまったら全くトレーニング効果はなくなってしまうので(笑)

これで、かなり楽になります。

プッシュアップバーで「腹斜筋」を鍛える方法

脚を左右へ10回往復してください!

注意すること

・バーを持つ両手は常に腰の位置に密着

・L字のままの状態で左右へ動かすだけ(ぶれないで)

・腹筋を常に意識する

・目線は常に正面をみる

・態勢が維持できなければ中止する

・L字姿勢が理想ですが、出来ない方は足をつけた状態でやってください

腹斜筋が鍛えられます。

まずは10回の往復を目指しましょう!

まとめ

以上2種目の腹筋を鍛える方法を紹介しました。

なお、まず初心者の方に目指してほしいメニューは

・L字 10秒×3セット

・左右の足振り10回往復

まずはこのメニューができるように目指しましょう!できるようになれば、自分なりに回数セット数を増やすなどアレンジしてやってみて下さいね。

なお、このトレーニングは特に腰に負担がきますので、無理は禁物です。異変を感じたらすぐ中止して下さいね。

 

『プッシュアップバーは腹筋の他にも「大胸筋」を鍛えることができます!大胸筋の上部など個別に鍛えることができるんです!』

プッシュアップバー効果と大胸筋「上下部と内外側部」の鍛え方!
プッシュアップバーの効果・大胸筋の鍛え方を調べていませんか?この記事では効果と大胸筋(上下・内外)の鍛え方を紹介しています。この記事を参考にすることで効率的に大胸筋を鍛えることができるでしょう。どうぞご覧ください!
タイトルとURLをコピーしました