のほほんのブログ

年間行事やスポーツ北海道グルメ情報などをメインに紹介している雑記ブログです

スキー

スキー検定1級「不合格」の体験記!やはり1級はレベルが違う!

投稿日:

私は中年スキーヤーで、2018年2月旭川でSAJスキー検定1級を受験しましたが、見事「不合格!」

合格すると思っていたので、かなりショックでしたが、その時の体験談を紹介します。これから1級受験しようとするあなたになんらかのヒントになればと思っています。

スキー検定1級「不合格」の体験記!やはり1級はレベルが違う!

スキー検定1級を受けた時の私のスキーの技量

・2015年SAJスキー検定3級 合格

・2016年SAJスキー検定2級 合格

・2018年SAJスキー検定1級を初の受験

このように3級から順調に合格して、2級合格に合格後から2年かけて1級を受験しました。

私自身、2級合格後は「1級は不整地いわゆるコブ斜面を滑る種目もあるから、自分には1級は無理!」と思って1級はあきらめて2級のまま、これからはスキーを楽しもうって思っていたのですが・・・

楽しんでスキーを滑っているうちに「どうしても1級を取りたい!」って気持ちに変わっていきました。

なんでなのかわかりませんが、やはりどうしても一般スキーヤーの一番高い目標である「SAJスキー検定1級」がとりたくてとりたくて、どうしようもなくなってきたのです。

そう思ってから、1か月に2~3回スキースクールのグループレッスンに入り、レッスンがない会社が休みの休日はほぼ1日中滑りまくっていまいした。

そして、私の一番の目標だった「コブ斜面をなんとかかんとか完走」することができるようになったのです!ほんとこれは自分の中で本当にうれしかったです。

コブの滑り方について詳しく紹介しています!

スキーのコブをとりあえず滑りきるためのたった一つのコツ!

とうとう1級を受ける準備が出来ました。

検定前の事前講習はめちゃくちゃ勉強になる

インターネットで調べて旭川市で受験することを決めて当日を迎えました。

スキー場に到着し、検定料などを支払い午前中は約2時間の事前講習を受けました。

受験者は全部で6人!私以外は全員高校生、高校生の中に中年おじさんがポツンといる感じ(笑)ですが、頑張ります!

教えてくれた方は40代の優しそうな口調で実際いろいろ丁寧に教えてもらいました。

この事前講習すごく勉強になることばかりで、本当に受けて良かった~って感じました。

・横滑り⇒ 大回り⇒ 小回り⇒ 不整地の順で検定をやります

・それぞれの種目についてひとりひとりにアドバイスが

・実際検定するバーンの説明と注意する点など

09:30~11:30までの講習でしたが、中身が濃くてあっとゆうまの2時間でした。

いよいよスキー検定1級!受験かいし~

昼食をとり、いよいよ12:30から1級検定開始です。

私の気持ちの中では「全部の種目で70で1級合格だろう」ぐらいの手ごたえがありました。なぜなら、事前講習でも大きな指摘はなく良いイメージで講習を終えることができたからです。

「よし、ほぼ1級は大丈夫だから特別なことはしないで、講習通りの滑りをしよう」って思って本番に臨みました。

検定本番になると検定員の方が3名、滑ってくる位置で待機しています。

自分の順番に近づいてくると何だかドキドキです!中年おじさんでも緊張するときはします(笑)心臓がドックんどっくん(笑)

そして、いよいよ一番初めの種目、横滑りへ

無難に終了~ホっ

ちなみに当たり前ですが、検定種目を滑り終わっても検定員の方は「無言」なんです。たんたんと検定は進んでいきます。

当たり前のことですが・・・これがなんだか不安になるというか・・

無事に全種目が終了!検定当初の緊張は2種目からは全くなくなっていました。

一緒に受験していた高校生と話しているとなんだか、年の離れた友達みたいな感覚になってまして(笑)なんだか不思議ですね高校生もオジサンも受験者という立場はおんなじです(笑)

肝心の1級の感触は

・すべて無難にこなせたし、大きなミスはなし、全部70で1級合格

このように感じていました。

どきどきの検定の結果発表

いよいよ15:00検定結果発表

まずは、検定員の方から講評がありましたが、私は合格していると思っていたので、あまり聞いていませんでした。今思うとしっかり聞いておけばよかったと思っています。

検定員の方から3級・2級の合格者の発表!みんなで、拍手!ほとんどが中学生・高校生でした。

そして検定員の方から衝撃の言葉が

「1級合格者なし」

は~

は~合格者なしって

えーっ!なんで~

なんで~

ガ~ン!!!!

ショックでした。なんと1級受験者の全員6名、全員が「不合格」だったんです!!

ショックで呆然としてしまいました。

全て70で合格と思っていたのに・・・

検定結果を見てみると

横滑り 大回り 小回り 不整地
70 69 70 69

大回りと不整地を落としていました。なぜダメだったのか私にはまったくわかりませんでした。

他の高校生も私とほぼ同じく不整地を落としていました。

なんで~

どこがダメだったの?

私はショックのあまり、結果発表後すぐロッジを後にして帰宅しました。

今思うと、とてももったいないことをしてしまいました。後日聞いたのですが、結果発表後に個人ごとに検定員の方から一言アドバイスがあったそうです。

一言アドバイス受けとけばよかった~失敗!

これから1級受けようとしているあなた!結果発表後たとえ不合格でもすぐ帰ってはいけませんよ(笑)しっかりアドバイス聞きましょう!

こんな感じで私の人生初スキー検定1級受験は見事「不合格」で終わってしまいました。

まとめ

不合格はショックでしたが、私のいい経験になりました。不合格から1年後の2019年2月同じ旭川で2回目のリベンジ!

今度はすべて70で合格でした!良かった~~

ちなみに今回強く思ったのは「不整地はただ無難に完走するだけでは70になることはない」ってことです。

しっかりコブ練習しましょうね~(あくまでも私個人的な意見ですが)

 

『スキー検定1級は一般スキーヤーの憧れですよね!私は実際に1級受験し合格した経験を元に紹介します!詳しくは以下の記事をどうぞです』

スキー検定1級の難易度は?検定種目の中で一番難しい種目は?

-スキー
-

プロフィール

北海道住みの北海道が大大大好きな管理人!のほほんです!

年間行事やスポーツ・北海道観光地やグルメ情報そして私の好きな献血や薬局での血液検査(笑)について紹介しているブログです!